「美味しい、美味しい」とは言ってもらえないけれど。

14.01.14 / nocategory / Author:
Tags: ,

毎日の献立に悩むのは主婦の永遠の宿命です。

できるなら、美味しくて簡単で安くて栄養があって…。

そんなメニューが次々と頭に浮かんだら、どんなに楽チンでしょうか。

私はこう見えて料理歴は長く、思えば中学の頃から夕食の支度を割と任されてきました。

ですから「こんな味に仕上げたい」なんて思って作れば、大体目指した物が出来るのです。

そうやって夫、子供に食べさせてきたので、いわば私の家族は「私が美味しいと思う味」に馴染んで生きています。

だからでしょうか。

レシピ本を買って忠実に作ったり、夕食材料の宅配サービスを注文して作ったりすると、どうも食べ残し率が凄いのです。

幸か不幸か、彼らは完全に私の味に飼い慣らされている…。

それは言い換えれば、やはり私には毎日の献立で悩むという使命から逃れる術はない、という事を意味します。

…しょうがないな。

さぁ、今夜は何にしましょうかね。

Comments: 0

« | »